自分たちの住むまちを 自分たちの手で      住み続けられるようにしたい!

 住民参加型在宅福祉サービスは、こうした住民の思いを形にした住民自身による地域福祉活動です。サービスを利用する人も提供する人も同じ地域に住む住民同士。

 

 “みんなで互いに助け合っていこう”という趣旨で行われています。

 また、そうした活動をしていくことで、ふだんは気づきにくい、あるいは薄れてしまったかのように見える地域の力を掘り起こし、暮らしと地域を拓いていくことにそのミッション(組織の目的)があります。何よりも参加している人びとのいきがいやハリのある生活につながっています。

 

 略して、「住民参加型(サービス)」あるいは「参加型(サービス)」ともいわれています。

ダウンロード
住民参加型在宅福祉サービス団体の組織類型別の推移(平成27年3月)
住民参加型在宅福祉サービス団体の組織類型別の推移.pdf
PDFファイル 112.4 KB